JPロジネット

沿革

JPロジネット(株)の歴史は日本紙パルプ商事の物流事業の歴史です。

1970年(昭和45年) 日本紙パルプ商事(株)誕生 (株)中井商店と(株)富士洋紙店が合併
1970年(昭和45年) (株)板橋紙流通センター設立
1971年(昭和46年) (株)西北紙流通デポ設立
東大阪配送センター完成
小牧配送センター完成
札幌支店手稲倉庫完成
大阪紙共同倉庫(株)竣工
1973年(昭和48年) 日本紙パルプ商事(株)東証、大証第一部に上場(平成15年大証の上場を廃止)
1974年(昭和49年) (株)厚木紙流通センター設立
1978年(昭和53年) 箱崎配送センター完成
1983年(昭和58年) (株)南港紙センター設立
1985年(昭和60年) 自動車運送取扱事業の認可取得
1986年(昭和61年) 運賃自動計算システム稼働
1987年(昭和62年) 倉庫業の免許取得
1989年(平成1年) 有明配送センター竣工
1990年(平成2年) 綾瀬物流センター竣工〈平判板紙専用倉庫〉
手稲流通センターを移転し、(株)札幌紙流通センターに社名変更
1993年(平成5年) 岩槻物流センター竣工
1995年(平成7年) 日本紙パルプ商事(株)創業150周年を迎える
2000年(平成12年) ジェーピー共同物流(株)を設立
2005年(平成17年) 「貨物追跡システム」が東京で稼働
2006年(平成18年) (株)札幌紙流通センター、北海道地区の製紙パレット機構指定回収協力会社の委託指定認証を受ける
2011年(平成23年) (株)厚木紙流通センター閉鎖
2011年(平成23年) 洋紙代理店共同配送開始(東京地区)
2012年(平成24年) 4月JP物流統合委員会発足、10月「物流機能の再編」を発表
2013年(平成25年) 4月「JPロジネット(株)」「JPトランスポートサービス(株)」営業開始((株)札幌紙流通センターと(株)箱崎紙流通センターを子会社化)
2013年(平成25年) 5月JCL板橋事業所を(株)西北紙流通デポ内に移転し営業開始
12月JPトランスポートサービス(株)埼玉営業所と板橋営業所を統合
2014年(平成26年) 5月JPロジネット(株)本社 勝どきフォアフロントタワーへ移転
9月JPトランスポートサービス(株)有明営業所と江戸川営業所を統合し、本社機能を江戸川に移管