OVOL JPロジネット株式会社

沿革

JPロジネット会社情報 > 沿革

不断のチャレンジをこれからもずっと

JPロジネットは、紙物流の合理化・効率化を積極的に推し進め、
物流生産性の向上に寄与してきました。

2000年(平成12年) ジェーピー共同物流(株)(JCL)設立 (日本紙パルプ商事(株)100%出資)
2005年(平成17年) 日本紙パルプ商事(株)物流部にて「貨物追跡システム」稼働(東京地区)
2007年(平成19年) 日本紙パルプ商事(株)物流部にて「輸送エリア幹事制」開始(東京地区)
2011年(平成23年) 日本紙パルプ商事(株)物流部にて「洋紙代理店共同配送」開始(東京地区)
2012年(平成24年)
4月
日本紙パルプ商事(株)にて「物流統合委員会」発足
10月
日本紙パルプ商事(株)にて「物流機能の再編」発表
2013年(平成25年)
4月
日本紙パルプ商事(株)物流部、ジェーピー共同物流(株)が統合され「JPロジネット(株)」(JPL)営業開始
中井紙輸送(株)はJPロジネット(株)グループとしてJPトランスポートサービス(株)に社名変更
首都圏配送体制の効率化を目指し「配送一元化」開始
5月
日本紙パルプ商事(株)より「岩槻物流センター」を承継し、「JPL岩槻事業所」営業開始
7月
日本紙パルプ商事(株)より「JP板橋倉庫」を承継し、「JPL板橋事業所」営業開始
JCL板橋を(株)西北紙流通デポ内に移転し営業開始
12月
JPトランスポートサービス(株)埼玉営業所と板橋営業所を統合
2014年(平成26年)
5月
JPロジネット(株)本社 勝どきフォアフロントタワーへ移転
9月
JPトランスポートサービス(株)有明営業所と江戸川営業所を統合し本社機能を江戸川に移管
2015年(平成27年)
1月
JCL晴海を東洋埠頭(株)有明に移転し営業開始
2017年(平成29年)
10月
洋紙代理店共同配送の一環にて「有明共配」開始
首都圏配送体制の更なる効率化を目指し、「配送一元化」以外に旧物流部にて実施した「輸送エリア幹事制」を併用開始
2018年(平成30年)
4月
首都圏小口物流の拠点として「JPL京浜島事業所」営業開始
9月
JPL基幹システムの「DTOSⅣ」をリニューアル
2019年(令和元年)
7月
洋紙代理店共同配送の一環にて「板橋共配リニューアル」開始